水素水 効果なし セブンウォーター

水素水 効果なし セブンウォーター

hatena

 

水素水は効果なしって言われたりしていますが、どの水素水にも当てはまる話なのでしょうか。

 

水素水は効果なしと騒がれているなか、着実に人気上昇しているセブンウォーター水素水にもこの効果なしは当てはまるのでしょうか。

 

まず、水素水が効果なしと言われている理由については、水素水が医薬品として認可されていないってことが挙げられます。

 

薬事法の関係で効果効能を謳うことができない水素水は、効果ありと言えないならそれは効果ないってことだろ?って目線で見られているって思います。

 

それ以外にも水素水の販売業者によっては騒ぎを起こしたいのか、サビた10円玉を水素水につけたらサビがなくなる画像を載せたが、10円玉自体が交換されていることが誰にでもわかるようなアピールをしています。

 

こういったことも便乗して水素水は効果なしって騒がれていますが、そんな中でもセブンウォーター水素水はドンドンと人気が上がっています。

 

ではセブンウォーター水素水は効果なしではないのでしょうか?

 

このことについては、日本医科大学の太田教授の書籍で読んだことを踏まえてお話していきたいと思います。

 

水素水で効果が期待できる水素水の選び方としては0.8ppm以上の水素水を選ぶよ良いとされています。そして水素濃度が濃いほうがよいってことはふつうとも記載されていました。

 

現在主流となっているアルミパウチ水素水の水素濃度は大体が1.6ppmです。多くて3.0ppmです。

 

水素水は宇宙で一番小さい分子なので、抜けにくいアルミパウチの容器でも時間の経過と共に少しずつ抜けてしまうので、販売されているときの平均が1.6ppmだったとしても実際にあなたが飲む時にはそれを下回っています。

 

こういったことを考えたりしていると、セブンウォーター水素水が人気がでてくることが良くわかります。

 

セブンウォーター水素水は、アルミパウチ水素水とは違い、水素水スターターセットでの販売なので、購入すると水素水作成キットが届くのです。

 

水素は抜けやすいってことがデメリットとして挙げられますが、セブンウォーターの場合は飲む前に自宅で簡単に水素水を作れるので水素が抜けてしまう恐れがないのです。

 

その上、アルミパウチ水素水と違いセブンウォーターは5.0ppm〜7.0ppmの高濃度水素水なので十分に水素を身体に取り込むことができやすい水素水なのです。